コマンドプロンプトはターミナルより編集しづらいという誤解

コマンドプロンプトはターミナルより編集しづらいという誤解

コマンドプロンプトは編集しづらい?

この前Windowsユーザーの方がこのようなことを話していた。

自分は家ではMacを使用しているのですが会社ではWindowsを使用しています。

WindowsのコマンドプロンプトだとMacのターミナルのようにショートカットキーでのコピーが使用できないし、テキストをマウスでドラッグして選択できないので編集しづらくて困る。

ちなみにこの方が使用されているのはWindows 10。

実はWindows 10のコマンドプロンプトではターミナルのようにショートカットキーを使用したりテキストをマウスでドラッグして選択することは可能だ。

ただしターミナルと違ってそのための設定が必要になる。

コマンドプロンプトの設定

まず左上のコマンドプロンプトのアイコンをクリックしてプロパティを選択する。
まず左上のコマンドプロンプトのアイコンをクリックしてプロパティを選択する。

プロパティが表示されたらオプションタブの編集オプションとテキスト選択のチェックボックスをすべて有効にする。

従来のコンソールを使う(再起動が必要)のチェックボックスが有効の場合はチェックをはずして無効にする。プロパティが表示されたらオプションタブの編集オプションとテキスト選択のチェックボックスをすべて有効にする。

以上の手順でWindowsのコマンドプロンプトでもMacのターミナルのようにショートカットキーを使用したりテキストをマウスでドラッグして選択できるようになる。

カテゴリーwindows