1分でわかるMocha+expect.jsのJavaScriptブラウザテスト

1分でわかるMocha+expect.jsのJavaScriptブラウザテスト

テスト確認用ページを作成

足し算関数サンプルのページで使用されているadd()関数をテストするtest.htmlを作成する。test.html内には結果を表示する<div id=”mocha”></div>を記述する。

足し算関数サンプル

完成形のtest.htmlはこちら

Mocha+expect.jsファイル読み込み

test.html内にMocha+expect.jsおよびadd()関数が記述されているmain.jsを読み込む。さらにテストコードを記述するtest.jsを作成して読み込む。

<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mocha/2.2.1/mocha.min.css">
<script src="main.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/expect.js/0.2.0/expect.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mocha/2.2.1/mocha.min.js"></script>
<script src="test.js"></script>

test.jsの記述

まずテストコードを実行するために下記を記述

mocha.setup('bdd');
window.onload = function() {
  mocha.run();
};

そのあとにテストコードを記述する。

describe('add(a, b)', function() {
  describe('add(1, 2)', function() {
    it('1+2の足し算の結果3', function() {
      var test = add(1, 2);
      return expect(test).to.be(3);
    });
  });
  describe('add(0.1, 0.2)', function() {
    it('0.1+0.2の足し算の結果0.3', function() {
      var test = add(0.1, 0.2);
      return expect(test).to.be(0.3);
    });
  });
});

describeやit部分はテストケースを分けるためのもの。

expect(【結果の値】).to.be(【テストする値】)のように値を入れる。

to.beは値が等しいかを調べる。その他はexpect.jsのGitHubを参照。

Mocha+expect.jsを使用した足し算関数テスト