最近のWindows PCはデバイスピクセル比が1.5倍のものも多い

device_pixel_ratio

デバイスピクセル比とは

HTMLやCSSなどで指定されたピクセルとデバイス上のピクセルの比率。例えばデバイスピクセル比が2:1(2倍)の場合は指定された100pxをデバイス上の200pxで表現する。比較的新しいiPhoneやiPadはデバイスピクセル比が2:1で別名Retinaディスプレイと呼ばれている。

これに対しWindowsの場合はデバイスピクセル比が1:1(1倍)で100pxと指定されたものはどのデバイスでも100pxで表示されると勘違いされることが多い。

最近のWindowsのデバイスピクセルは1倍とは限らない

しかし、最近のWindowsは対応機種であればコントロールパネルのディスプレイからデバイスピクセル比を変更することができるためデバイスピクセル比が2:1だったり1.5:1だったりする。以下はVAIO Pro 13の画面キャプチャで「大きくする」にするとデバイスピクセル比を1.5倍にできる。(「小さくする」にすると1倍)
windows_device_pixel

ブラウザのデバイスピクセル比を調べる方法

使用しているブラウザ表示のデバイスピクセル比を調べたい場合はコンソールにdevicePixelRatioと入力すると現在の倍率が表示される。ブラウザによっては常にデバイスピクセル比を1:1として表示するものもあるので注意が必要。

カテゴリーwindows