Photoshop CC 2015で使えるPNGやJPGの超高速書き出し方法

Photoshop CC 2015で使えるPNGやJPGの超高速書き出し方法

PNGやJPGを超高速書き出し

Photoshopは年々進化していてPhotoshop CC 2014からはアセットを抽出という機能が追加されてレイヤーを個別のファイルまたはレイヤーグループ全体をまとめて書き出すことが可能になった。

そしてPhotoshop CC 2015からはさらに便利な機能が追加された。それはクイック書き出しだ。

クイック書き出しとは

その名の通り画像を即座に書き出すことができる機能。

しかし、この機能はデフォルトの設定だと画像を保存する場所を選択する画面が表示されてしまうし、ファイル形式も環境設定の書き出しから形式を1種類選択するようになっているため使い勝手が悪い。

そのため、より使いやすくするために環境設定の変更とアクションの追加が必要になる。

超高速書き出しの環境設定方法

まず環境設定の書き出しで「クイック書き出し形式」をPNGにして透明部分にチェックを入れる。

「クイック書き出しの場所」を現在のドキュメントの隣にあるアセットフォルダーにファイルを書き出しに設定すると書き出すたびにダイアログが表示されて場所を指定する必要がないためより速く書き出せる。
超高速書き出しの環境設定方法

アクションに登録する

アクションパレットからアクション名を透過PNG、ファンクションキーにF2を指定して記録ボタンを押す。アクションパレットからアクション名を透過PNG、ファンクションキーにF2などを指定して記録ボタンを押す

記録が開始されたらレイヤーパレットの適当なレイヤーを右クリックして「PNGとしてクイック書き出し」を選択する。
適当なレイヤーを右クリックして「PNGとしてクイック書き出し」を選択する

するとアクションに「レイヤーをクイック書き出し...」が表示されるので再生/記録を中止ボタンを押してアクションの記録を終了する。
「レイヤーをクイック書き出し...」が表示されるので再生/記録を中止ボタンを押してアクションの記録を終了する

以上の手順で以降はレイヤーまたはグループを選択してF2キーを押すだけで透過PNGが書き出せるようになる。

同じような手順でJPGのアクションも作成しておけばより便利になる。
photoshop-ultra-high-speed-export-06

Photoshop CC 2015以降を使用している人はいますぐアクションを作成することをおすすめする。

WebデザインのPSDの書き出しの作業時間が半分以下になるはずだ。

具体的にどのくらい速い?

例えばWebデザインのPSDファイルのロゴを透過PNG、背景画像をJPGで書き出す場合、約3秒で書き出し可能。
PSDファイルのロゴを透過PNG、背景画像をJPGで書き出す場合、約3秒で書き出し可能