CSS aspect-ratioプロパティの代わりをSassのmixinで作成する方法

aspect-ratioプロパティとは

指定した要素のアスペクト比を設定できるCSSプロパティ。

例えば aspect-ratio: 16 / 9; のCSSプロパティを要素に追加すれば16:9のアスペクト比を設定できる。

16:9
aspect-ratio: 16 / 9;

.ratio-16-9 {
  aspect-ratio: 16 / 9;
  background: lightpink;
}

レイアウトのアスペクト比を維持するのに便利なプロパティだがEdgeとChrome以外で使用することはできない。(2021年2月現在)

Chromeを使用されている方は上記のピンク部分をSafariやFirefoxでも確認してみてください。

https://caniuse.com/mdn-css_properties_aspect-ratio

Sassの@mixinでaspect-ratioを使用

aspect-ratioが対応ブラウザが少なく、そのままでは使用できないため、使用する際はpostcss-aspect-ratio-polyfillを使用する必要がある。

しかし、postcss-aspect-ratio-polyfillを使用するためにはNode.jsが必要で使えない場合もあるため、Sassの@mixinでaspect-ratioの代わりのコードを作成した。

コードは以下の通り。CSSはpostcss-aspect-ratio-polyfill実行後に書き出されるコードが秀逸だったので参考にしました。

@mixin aspect-ratio($width, $height, $max-width: none) {
  position: relative;
  @if ($max-width != 'none') {
    max-width: $max-width + px;
  }
  &::before {
    float: left;
    content: "";
    padding-top: round(($height / $width) * 100% * 100) / 100;
  }
  &::after {
    display: block;
    content: "";
    clear: both;
  }
  > img {
    position: absolute;
    top: 0;
    left: 0;
    right: 0;
    bottom: 0;
    width: 100%;
    height: 100%;
    object-fit: cover;
  }
}

.sample-16-9 {
  @include aspect-ratio(16, 9);
  background: lightblue;
}

.sample-16-9-400 {
  @include aspect-ratio(16, 9, 400);
  background: lightblue;
}

.sample-4-3 {
  @include aspect-ratio(4, 3);
  background: lightgreen;
}

使用する際は aspect-ratio: 16 / 9; の場合は @include aspect-ratio(16, 9); と記述する。

max-widthも指定できるように第3引数に数値を指定すると、その値がmax-widthに設定されるようにした。

@include aspect-ratio(16, 9, 400);

3:2のアスペクト比だと2 / 3 * 100%で66.6666666667%になってしまうのでroundを使用して小数点第2位(66.67%)までの表示にしてあります。

通常のWebサイトであれば小数点第2位まででも問題ないし、コード量を減らすこともできます。

padding-top: round(($height / $width) * 100% * 100) / 100;

imgタグを使用する場合は子セレクタ ( > img) で指定しているので必ずclassの子セレクタとして直下に配置する。

<div class="sample-16-9-400">
  <img src="sample.jpg">
</div>

@mixin aspect-ratio のサンプル

カテゴリーcss