1分でわかる簡単使い方Gruntタスク自動化環境構築

1分でわかる簡単Gruntタスク自動化環境構築

以下の6ステップでGrunt環境を構築できる(Windowsの場合)

1. node.jsインストール

下記のサイトからnode.jsをダウンロードしてインストールする

http://nodejs.org/

2. ファイルを保存するフォルダを作成

例としてgruntという名前のフォルダをC:\に作成

3. コマンドプロンプトを開いてcd C:\grunt

コマンドプロンプトを開いてGruntのファイルを保存するフォルダに移動

cd C:\grunt

4. package.jsonファイルの作成

コマンドプロンプトでnpm initと入力。name:とかversion:とかを聞かれるがとりあえず未入力でEnterを押してすべて無視。

npm init

5. Gruntインストール

npm install grunt --save-dev

6. プラグインをインストール

Gruntのプラグインページで必要なものをインストールしてGruntfile.jsに必要事項を記述しコマンドプロンプトでgruntと入力して実行。

プラグインの利用方法はそれぞれことなるため各プラグインの詳細ページを参照する。

例えばjshintをインストールして使用したい場合はコマンドプロンプトで

npm install grunt-contrib-jshint

と入力してインストールしたあとgruntフォルダにGruntfile.jsを作成して下記のように記述したあとにコマンドプロンプトでgruntと入力して実行する。(gruntフォルダにjsフォルダを作成してjshintでバリデートをするjsファイルを入れておく)

module.exports = function(grunt){
  grunt.initConfig({
    jshint: {
      src: 'js/*.js'
    }
  });
  grunt.loadNpmTasks('grunt-contrib-jshint');
  grunt.registerTask('default', ['jshint']);
};

gruntフォルダ内のファイル構成のサンプル

http://gruntjs.com/plugins

カテゴリーgrunt