ExcelにはないがGoogleスプレッドシートにはある便利な関数

Excelにはない便利な関数

GoogleスプレッドシートとExcelの関数には互換性がある関数が多く、例えばSUM, IF, COUNTAなどのExcelでよく使用される関数はGoogleスプレッドシートでも利用できる。

しかし、すべての関数に互換性があるわけではなく、Googleスプレッドシートのみで使用できる関数というものも存在している。

Googleスプレッドシートのみで使用可能な関数には便利なものが多く、全部で12個しか存在しないため、すべて覚えておいて損はないだろう。

IMAGE関数

セルに画像を挿入する。サイズも変更可能。

IMAGE関数 サンプル

Google公式ドキュメント IMAGE関数

IMPORTXML関数

さまざまな種類の構造化データからデータをインポート。

=IMPORTXML("https://iwb.jp/", "//a/@href")

と入力すれば該当URLのaタグのhrefをすべて取得して表示できる。

IMPORTXML関数 サンプル

Google公式ドキュメント IMPORTXML関数

IMPORTHTML関数

HTMLページ内の表やリストからデータをインポート。

=IMPORTHTML("https://iwb.jp/os-android-vulnerability/","table",1)

と入力すれば該当URLのtableタグのデータを取得して表示できる。

IMPORTHTML関数 サンプル

Google公式ドキュメント IMPORTHTML関数

IMPORTFEED関数

RSS・Atomフィードをインポート。

=IMPORTFEED("https://iwb.jp/feed/")

IMPORTFEED関数 サンプル

Google公式ドキュメント IMPORTFEED関数

IMPORTDATA関数

.csvまたは.tsv形式でインポート。

=IMPORTDATA("http://www.census.gov/2010census/csv/pop_change.csv")

IMPORTDATA関数 サンプル

Google公式ドキュメント IMPORTDATA関数

QUERY関数

Google Visualization API のクエリ言語を使用して、データ全体に対するクエリを実行する。

=QUERY(A1:C2,"select avg(A) pivot B")

QUERY関数 サンプル

Google公式ドキュメント QUERY関数

GOOGLETRANSLATE関数

セル内のテキストを翻訳する。

=GOOGLETRANSLATE(A2)

と入力すればセルA2の言語を日本語に翻訳できる。

日本語から日本語以外の言語に翻訳する場合は2文字の言語コードの指定が必要。

=GOOGLETRANSLATE(A2, 'ja', 'en')

GOOGLETRANSLATE関数 サンプル

Google公式ドキュメントGOOGLETRANSLATE関数

GOOGLEFINANCE関数

Google Financeから株価などの証券情報が取得できる。

=GOOGLEFINANCE("GOOG", "name") & "の株価"
=GOOGLEFINANCE("GOOG", "price")

ただし、日本株は取得できないため日本株の場合はYahoo!ファイナンスからIMPORTXML関数を使用して取得する。

=IMPORTXML("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=7203","//th[@class='symbol']") & "の株価"
=IMPORTXML("http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=7203","//td[@class='stoksPrice']")

GOOGLEFINANCE関数 サンプル

Google公式ドキュメントGOOGLEFINANCE関数

DETECTLANGUAGE関数

言語を識別する。=DETECTLANGUAGE("Bonjour")は"fr"を返す。

=DETECTLANGUAGE("Bonjour")

DETECTLANGUAGE関数 サンプル

Google公式ドキュメント DETECTLANGUAGE関数

ARRAYFORMULA関数

配列数式から返された値を複数にして返す。

=ARRAYFORMULA(A1:C1+A2:C2)

ARRAYFORMULA関数 サンプル

Google公式ドキュメント ARRAYFORMULA関数

SPARKLINE関数

配列数式から返された値を複数にして返す。

=SPARKLINE(A1:C1+A2:C2)

SPARKLINE関数 サンプル

Google公式ドキュメント SPARKLINE関数

IMPORTRANGE関数

指定したスプレッドシートからセルの範囲を読み込む。

=IMPORTRANGE("https://docs.google.com/spreadsheets/d/1WZe1HjwRzDM5wYpCR3bObGV-eJQA0rcN0yQQLIRQZIA", "シート1!A1:C4")

IMPORTRANGE関数 サンプル

Google公式ドキュメント IMPORTRANGE関数