現在のGoogle Apps Scriptはアロー関数やlet, constが使用可能に

Google Apps ScriptでES6が使用できる

いままではGoogle Apps Script(以下GAS)でES6のアロー関数やlet, constなどは実行するとエラーとなり使用不可となっていた。
Google Apps ScriptでES6のアロー関数やlet, constなどは実行するとエラーとなり使用不可

const add = (a, b) => a + b
Logger.log(add(1, 2))

これはGASはES5(JavaScript 1.6)がベースとなっていることが原因でアロー関数だけではなく、let, const, class, テンプレートリテラルなども使用できない。

そのため、いままではGASをES6で書きたい場合はBabelやclaspなどを使用してES5にコンパイル必要があった。

しかし、2020年2月から表示メニューの「マニフェストファイルを表示」からappsscript.jsonを表示して"runtimeVersion": "V8"を追記すればV8 runtime(ES6)を有効にすることができるようになった。

V8 runtime(ES6)を有効にする方法

1. 表示メニューの「マニフェストファイルを表示」からappsscript.jsonを表示する。
GASの表示メニューの「マニフェストファイルを表示」からappsscript.jsonを表示

2. appsscript.jsonに"runtimeVersion": "V8"を追記して保存する。
appsscript.jsonに"runtimeVersion": "V8"を追記して保存

{
  "timeZone": "Asia/Tokyo",
  "dependencies": {
  },
  "exceptionLogging": "STACKDRIVER",
  "runtimeVersion": "V8"
}

以上の手順だけでES6を使用してもエラーが表示されず、正しい結果が返るようになる。
appsscript.jsonに"runtimeVersion": "V8"を追記後のログ