1分でわかるavif画像を使用した超軽量画像対応

AVIFとは

AVIFは高い圧縮率の画像フォーマット。

高い圧縮率の画像フォーマットはWebPがよく使用されるが、AVIFはWebPより圧縮率が高い。

ちなみにAVIFは「AV1 Image File Format」の略。

AVIFを表示するにはimgタグのsrcに指定するだけで良いのだが、使用できるブラウザが現在はChromeとOperaなど少数。

そのためpictureタグでAVIFが読み込めない場合はjpgまたはpngを読み込むようにする必要がある。

<picture>
  <source srcset="sample_pc.avif" media="(min-width: 415px)" type="image/avif">
  <source srcset="sample_pc.jpg" media="(min-width: 415px)">
  <source srcset="sample_sp.avif" type="image/avif">
  <img src="sample_sp.jpg" alt="">
</picture>

AVIF picture img sample

ちなみにサンプルのJPGとAVIFのファイルサイズは148KBと53KBで2倍以上ファイルサイズが違う。

右下の画像が表示されない場合はAVIF非対応ブラウザが使用されています。

JPG sample

JPG 148KB

AVIF sample

AVIF 53KB

AVIFファイルの作成方法

AVIFファイルを作成するにはavif.iosquoosh.appcloudconvert.comのいずれかで画像をドラッグ&ドロップで変換するのが簡単なのでオススメ。

現在はPhotoshopからAVIFファイルの書き出しはできない。

avif - npm

avifが大量にある場合はavif-cliを使用すると良いだろう。

npm avifでインストールしたら以下のコマンドでavifで書き出せる。

npx avif --input="*/.{jpg,jpeg}" --output="/another/path" --overwrite

https://www.npmjs.com/package/avif