ChromeでCSVやTSVファイルをドラッグ&ドロップして開く方法

ChromeでCSVやTSVファイルを開く方法

ChromeでCSVやTSVファイルをドラッグ&ドロップして開こうとするとファイルをダウンロードしてしまい、テキストファイルとして開くことができない。

ブラウザ上で見るためにはCSVやTSVファイルをドラッグ&ドロップで閲覧可能なWebサイトを利用する必要がある。

CSVやTSVファイルを閲覧するWebサービス

CSVやTSVファイルをドラッグ&ドロップして開いて閲覧するWebサービスが見当たらないのでJavaScriptで自作した。

Show CSV, TSV file(shift_jis) in browser.

こちらのWebページ上にCSVまたはTSVファイルをドラッグ&ドロップすればデータが表で表示される。
Webページ上にCSVまたはTSVファイルをドラッグ&ドロップすればデータが表で表示される
↓ChromeでCSVやTSVファイルをドラッグ&ドロップして開く方法

JavaScriptを使用してユーザー側のブラウザで処理しているためファイルはサーバーには保存されない。SSL対応のため、情報漏えいの心配もない。

さらにExcelのように冒頭が0のときに削除されるなどの自動変換も防げる。

UTF-8だと文字化けするのでUTF-8版で

前述のWebサイトでの変換はShift-JISファイル向けのためUTF-8ファイルだと文字化けしてしまう。

UTF-8のファイルの場合はUTF-8版を使用すれば文字化けしない。

Show CSV, TSV file(UTF-8) in browser.

同じファイルタイプであれば複数表示も可能

同じファイルタイプであれば例えば2つのCSVファイルをドラッグ&ドロップすれば表も2つ表示される。同じファイルタイプであれば複数表示も可能