1分でわかるViteを使用したVue.jsの開発環境構築と注意点

Viteとは

webpack使用せずVue.jsの開発環境を構築できるビルドツール。

以下のコマンドを実行すると数秒でインストールが完了する。

ViteでインストールされるのはVue 2ではなくVue 3なので注意。

Vue 2とVue 3は仕様に違いが結構あるので、開発に支障が出ないようVue 3の仕様はあらかじめ学習しておいたほうが良いだろう。

npm init vite-app my-vite

インストール後は以下のコマンドでデプロイ。

cd my-vite
npm install (or `yarn`)
npm run dev (or `yarn dev`)

TypeScriptの使い勝手が悪い

lang="ts" でTypeScriptが使用可能になるが、サポートされていない機能が多いので注意が必要。

SASSとAutoprefixerをインストール

lang="sass" は使えないためSASSとAutoprefixerをあらかじめインストールしたほうが良い。

npm i -D sass autoprefixer

npm run buildでビルド

ビルドはnpm run buildで実行できる。

ビルドの時間もViteだと数秒で完了する。

https://iwb.jp/s/my-vite/